よい施設の選び方

シニアハウスコムは現役ホームヘルパーの他、300以上のシニアハウス、有料老人ホームを訪問 した、シニアハウスコンサルタントが運営しています。
プロが伝授する「プロは10箇所みればわかる」チェックポイントをこっそり伝授しますので、ぜひご活用ください。プロがどこを見ているのかが、一目瞭然です!
シニアハウスコム http://www.asumo-seniorhouse.com/

≪見る≫ ≪きく≫ ≪嗅ぐ≫ ≪味わう≫ ≪触れる≫
ただ説明を聞いているだけではダメ。とにかく気になったら聞いてみて、触ってみて、納得するまでとことん話す。せっかく見学にいくなら、パンフレットではわからない大切な部分を感じ取るべし!

うるさい消費者になる。これを踏まえて以下に進むべし

入り口(エントランス)に秘密あり!

家と同じ。入り口はその家の鏡。だからこそ、お客様を迎える大切な場所。まずは、整理整頓!スリッパが整っているか、ゴミは落ちていないか、 匂いにも注目!

一番はじめに声をかけてくれた人をチェックせよ!

相手が誰であれ、きちっと挨拶するのは基本中の基本。誰でも関係ない!明るく声をかけてくれたり、笑顔で対応したり、対応に注目!

壁は情報の宝庫!

壁に写真やレクレーション時の掲示物、食事のメニューなど、様々が掲示されている。ここを見ればハウス・有料老人ホームの特色が一目瞭然。

共用トイレで衛生面をチェック!

入居している方や、友達、お客様、ご家族が利用するトイレ。最新のウォッシュレットがあるなどの設備面ではなく、きちっと掃除されているかに注目!

風呂をみよ!

整理整頓されているか。入浴直後は床は濡れていて当然だけど、入浴前に床がぬれているのは転倒の可能性あり。安全に対する施設の対応もわかったり。
また臭いや浴室がきちっと掃除されているか注目!

住んでいる人の洋服に注目!

パジャマを着っぱなしの人もいれば、しっかりとオシャレをする人も居る。自分や両親、家族が生活するときにどんな生活スタイルを考えているか。

厨房をみよ!

実は見失いがちな厨房。でもここには、感染予防や食事に対しての取り組みの情報がぎっしり。冷蔵庫はピカピカに輝いているか。長靴の位置は・・・

天井に秘密あり!

いざ何かあったときに頼りになるのが、スプリンクラーに放送設備。もちろん最終的には人ありきだが、まずは初期情報と初期消火!!これは案外見失いがち。

説明(ハウス案内)に注目!

説明してくれる人は、施設の入居相談員のケースもあれば、営業の場合もあり。いざ入居後に問題になるのが、圧倒的に料金問題。だからこそ、料金体制についてしっかりと説明を受けたか注目。
あとは「重要事項説明書」「介護サービス一覧表」などの基本事項から、何かあったときに同対処してくれるかなど、とにかく細かく説明をうけるべし。

何だかんだ言っても、最後は人!

どちらにせよ親身になってくれるか人がいるかいないか。どんなことがあっても人がきちっと対応してくれれば、乗り越えられる。それだけに人は最重要ポイント!